葬儀
白色の花

自宅で葬儀を行なう

住み慣れた環境で故人を見送るという自宅葬も多くの家庭で行われています。セットの価格で提供されている葬儀社もあるので、見積もりを進めながらプランを決めると良いでしょう。

» 詳細はこちら

数珠と香典

祭壇のデザインも豊富

葬儀社では故人を気持ちよく見送ることが出来るように祭壇のデザインも様々な物があります。宗教に合わせて選んだり、好きな物や趣味に合わせて選んだりしておくと良いでしょう。

» 詳細はこちら

墓地

葬式のメイク

女性は普段化粧を行うと思われますが、葬儀といったお悔やみごとに参加する場合は、その場所に合わせて、派手すぎないように、地味なカラーを用いたメイクを変えることが必要になります。

» 詳細はこちら

香典を用意する

大切な人の見送りをしよう。神戸で葬儀を行うならこちらにご相談を。幅広いプランでご家族に最適な葬儀を提案します。

葬儀で必要なのが香典となっており、参列する場合は用意しておくことが必要になります。香典袋に記載する表書きにも様々な種類があり、ご香典や御霊前、ご玉串料、献花料などが挙げられます。なお、日本には多くの宗教があり、故人が信仰していた宗教に合わせて表書きを書いておくことが重要です。しかし、故人が無宗教であったり、信仰していた宗教が分からないという場合は、全ての宗教に共通して用いられている「御霊前」にしておいた方が無難であると言えます。

お悔やみ事となっているので、薄墨の筆ペンで表書きや名前を書くことが必要です。中袋にも入れた金額について漢数字で記載を行っておくことが必要であり、なお、中袋がない場合は香典袋の裏に記載しておくと良いでしょう。紙幣は急なお悔やみの連絡があったということで、お金を急いで用意したという意味を込めて、古い紙幣を選ぶことがマナーです。綺麗なままで用意しているとマナー違反にあたってしまうので要注意です。なお、新札しか用意出来なかったという場合はシワをつけておいた方が良いでしょう。また、入れるお札の面もお札の表側を香典袋の裏側に合わせて入れておくことが必要になります。参列する際、香典を包んでおくために必要なふくさは灰色や黒など地味な色を選んでおくことが必要です。受付に付いたらその場でふくさを広げて、お悔やみの言葉を添えながら渡すという流れになっています。このように香典袋には様々なマナーがあるので、注意して準備を進めていくと良いでしょう。